母に説教したい




十日ほど前、米が無くなったので実家にもらいに行こうと都合を聞く為電話をかけた。

すると電話に出た母は私の声を聞くや否や 「あら~、あんたに電話すーと思いよったぁ」
とのたまった。
何かと思えばお金を少し貸してほしいとのこと。
年金が出たらすぐに返すから五千円貸してくれんやろかと。

「いいよ」と返事する前に「あら~よかった~あら~」と勝手に安心していた。


・・・・・


ここしばらくなかったが、以前も貸してと言われ毎回きちんと返ってくるのでいいけれど
今回の借金の理由がちょいとひと言言いたいが言えないモヤモヤが残る物だった。


昨年11月くらいからだったか、食費だとか家計に関わる出費をすべて父が
管理することになり、以前は月にいくらと決めて渡されていた家計費を
渡されなくなった。

と言うのも、うまく使えてない母に出費が多いだとかいちいち口出しする父に嫌気がさし
「ほんならあんたが食材ば自分で買うて差し出さんね。そしたらうちが作っけん」
と母自身が言い放ち、わりとすんなり父が日々買い物をするようになったというわけだ。


しばらくは母も気楽になり「ほんによか~」とご満悦であったが、元々好き嫌いが多い母で
そのうち父が買ってくるものに不満を持つようになる。

「サバもよかばってん、少しでよかとにどっさい買うて」(←魚がイマイチな母)
「刺身ば買うてくるばってん、そいいっちょ!」
だから他にプラスアルファを買いたいけど金が無いというのだ。


・・・・・・・・


私は実家に野菜をもらいに行くくらいだから野菜はたくさんあるはずだ。
白菜、大根、人参、ほうれん草、ねぎ、ブロッコリー、イモなどなど

だからメインを買ってきてくれるんなら副菜はその野菜で考えればいいんじゃね?と
思うんだが、どうやら白菜と言えば醤油で煮るとか、大根・人参と言えば一緒に炊くとか

結局 醤油味じゃん

てことで、要するにレパートリーが無い上に考えるとか工夫をしないので「他の出来合いの
ものを買いたい!」てことらしいのだ。
でも金が無いと。

う~ん、んじゃさ、サバの刺身が大量で嫌なら半分は立田揚げみたいにしてみたら?
と言うと「ああそうね、しょっちゅう刺身で食べんでやろ」と気付いた風だが、多分そんな
めんどくさいことしないんだよね。

じゃあ「コレ買ってきて」って父に言えばいいじゃんと言うと「もう出かけた後やん」とか言う。

だから事前に考えて前もって言えつってんだよ!


なんか言い訳がアホすぎてどっと疲れるんだよね。


母にしてみたら四の五の言わずに金があればいいんだってことだろう。
しかし同じ金額を使うなら内容によっていくらでもメニューは広がると思うんだが、何しろ
そのやる気、発想が皆無なもんで何を言ってもダメなのだ。


翌日、実家に出向きお金の封筒を差し出し「五千円札なかったけん、千円札5枚で」と言うと
ろくにお礼も言われず、どこか納得いってないような感じがした。
何?五千円のところ「足りんやろうけん一万円ね」と言うとでも思ったのか?
甘い!
年金支給前に使い果たした自分を反省しろ。
返すんだから借りるのは少ない方がいいだろう。



で、時期的にチョコに使いはしないかと、我が家にはいらないからと、遠慮じゃなく本当に
あんなもん世の流れにそって買う必要なんてないからと強く言うつもりでいたら

もう買ってた。



・・・・・・



そういうのは早いのな。
てか優先順位間違ってるし!
「他の人は山んごと(たくさん)買いないよっとよ~」だって。あ、そう。
もうさ、バレンタインにもひと言言いたいが果てしなく長くなるのでやめとく。




家計費の話を聞いて同情はするが、一体何年父と一緒にいるんだ。
相手が変わらないのはわかってるだろう。
心地よく生活したいなら、自分の考え方を変えるしかないのに
「なんでウチが!ウチは悪くない」と意固地になり父のせいにばかりする。
頑張ってる形跡があればまだしも、自分を顧みらず人のせいにばかりする人を
「可哀そうに」とは思えない。


昔説教された側から説教する側にまわりたいが、露骨に嫌な顔をして
話をはぐらかすし、少し強く言うとへそを曲げるからソレもできない。
そりゃ誰だって説教されたくないだろうけどさ。
母は昔から言いたいだけ言ってたのに、だから今こそ言い時なのに私にはできないんだな。
いつまでたっても気を遣う相手なのは変わらない。







※以下、拍手コメのお返事です^^

→続きを読む

スポンサーサイト

家族の大事な話


2週間ほど前だったか、晩ご飯を食べようとしていたところダンナのケータイに
義母から電話があった。
しばし話し、切った後「近いうちに家に来れん?とか言われた~」

「なんで?」
「知らん。話があるらしいけど夜の方がいいってさ」
「用件は?なんか聞いた?」
「しゃーしいけん(めんどくさいから)聞いてない」



・・・・・



イヤイヤ、ふつう聞くやろ。
てか、義母も家に呼びつけるなら何かしら大まかでも用件って言わない?
たしかに義母の電話は異常に長くなるのでさっさと切りたいかもしれんが。
私なら何の用か気になってしょうがないんだが。


そのうち時間がある日にでも行くんだろうと思いつつも、内容いかんでは
電話で済むことかもしれんしと聞いてみたら?と言っておいた。



それから一週間後の夜、再び義母から着信。
あれからほったらかしたままで、その日は土曜で休みだったから来るかもと
待っていたのかもしれなかった。

「ごめん、行こうと思いつつさ、体調が悪かったけん行けんかった」

これは本当で、実はインフルにかかっていた。
軽くて済んだので良かったが、私もうつったのかと怪しい時期があった。


しばらく電話でやり取りがあり「うんうん、わかったわかった。ほんで何ね用件は」
私の耳もかなりデカくなっていただろうが、なぜか言わないらしく切った後に

「“家族三人の(義母・義兄・ダンナ)大事な話” だって」




・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・




もう、このもったいぶった感じ・・・ 鬱陶しい。

そのセリフを話す声とか雰囲気とか想像できて、年の割にすんごく可愛らしい声と言い方で
甘えた風に言ったりするんだ。
「大事な は・な・し!」  的な。



・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・




家族三人の大事な話という文言にイラ~~~ッとした私は
「じゃあもう聞かんけん。知らないことにする。私にその話せんでよね」 と言い放った。


てかさ
電話でちょろっとも話せないってことは、こちら側に私がいるのが分かってるからでしょ。
私に聞かれたくないと言うならば、そのヒミツの打ち合わせ的な電話も私に悟られないように
してこいよって話なのだ。


以前から私以外の血の繋がった親子だけでの話し合いっつーのがとても多くて
義実家が戸建ての持ち家からマンションに引っ越すというのも、まずはダンナだけ呼び出して
話があって、それからダンナから聞かされるという流れだった記憶がある。

後で聞いて「ふーん」という程度で、なぜわざわざ私抜きなのか意味がわからなかった。
たしかに持ち家から賃貸に変わるのは良い話ではないのかもしれんけど、ダンナという
フィルターを通して不都合な事が隠されたわけでもなさそうだし、いずれ私も知ることで
何をコソコソする必要があるのと思ったものだ。

引っ越し当日はダンナは趣味の野球に行ってて私だけ手伝いに駆り出されたのにさ。
趣味にしろ休むのはいかんと義母が真顔で言ってた記憶がよみがえる。
意味がわかんないんだよな~(腹立ってきた)


今回もそういった類で後で私も知る話だったならばひと言何か言いたいところだが
多分呆れて盛大にため息をつくだけだろう。


うちの実家ではこれまで一度たりとも血縁者のみの家族会議など無いのでダンナも
「変わった家やろ」と自虐的に言っていたが、ハッキリ言って変わってる。

自分の家では無いことだからよその家庭を「変」だと決めつけるのは違うと思うけれど
無駄が多いというか、ポイントずれてるというか「そこじゃない」的なことが多いんだよね。



家族三人の大事な話が何かは一生知らないままの心づもりではいるが
気持ち悪さは残ったままなのだ。






※以下、拍手コメのお返事です^^

→続きを読む

正反対の人生




年末ケガした姉は一時入院したもののさっさと退院し実家の集まりに参加することになったのだが
遅れて実家にやってきた姉はスマホ片手に何やら忙しそうだった。

ケガが大晦日だったこともあり、その間にラインであけおめが続々ときているらしく
返すのが大変そう。
年賀状のやり取りもするだろうが、昔の友人たちでグループラインをしていたり
上の子のママ友、下の子のママ友、職場の人々などなど、付き合いの広さがうかがえる。


それを横目に「大変ねー」とは思うけれども、実際「いいなぁ」と思わない私ってやっぱり
変なのだろうか。


私の友人らも今や連絡のメインはラインみたいで「早くラインにして」と言われ、姉からも
しびれを切らし「めんどくさいけんラインにしてよ」などと催促されイラッとする。

ったく、猫も杓子もラインラインて流行に簡単に乗りやがって!という感じだ。
ま、使ってみたら楽しいのかもしれんけど、必要としないので今後もする予定はない。

そういや姉は昨年の盆にはポケ○ンgoをやってたし、もうすべての世間の話題にいともたやすく
乗っかっている。
そこは子持ちだとか働いてるとか、他人との関わりがあるからこその軽やかさなのだろうか。



考えてみると姉とは結婚した年齢こそ同じくらいだったが、姉は結婚した翌年には第一子を出産し
計画的に数年後に第二子を産んでいる。
その少し前にマイホームを建て、ファミリー世帯御用達じじばばまで一緒に乗れるミニバンに
乗り換え、その間もずっと働いて今に至る。

ちゃんとした国家資格の職業だから働くのが普通と言えばそうなのだろうが
まさによく言う活躍する?女性の「The王道」を歩いているんじゃないか。
特にママ友トラブルも聞かない、楽しく交流してる話はよく聞いたし、ご近所付き合いも話から
良好のようだった。


片や
私は子供いないし、賃貸住まいだし、車はコンパクトカーだし(関係ないか)、専業主婦だし
これと言ったモノがないんだよね。
ま、色々あるけどダンナが良い人で可愛い(欲目)ってこと以外は何も無いので結婚してからは
友人とも積極的に会いたいと思えないのがソコなのかな~
いや、ただ単にデブ…出不精で何より一人で過ごすのが大好きなのがダメっつーか
ダメだとも思わないけど、いかんとこなのだろうね。一般的に。


んでんでこう書き連ねると、絶対姉のことが羨ましくて仕方がないと思われるかもしれんけど
まったく羨ましいと思ったことがないんだよね~
なんでだろ~
それは他人にも言えて、自分に無いものを持ってる人の方が多いんだけど、別物と思ってるからか
比べないからか「いいなぁ」とか思わない。



逆に姉の方に不満が多いのは何故なのだ。
子が反抗期の頃は産まなければ良かったとか、今になって賃貸が良かったとか、
○○しなければよかったと、したことを後悔するようなことが多い。
全て他人から見れば羨ましがられるようなことなのにだ。
更に小さい頃にさかのぼり、妹の私の方が可愛がられてどうのこうの、どうにもならない事を
出してきてひがむんだよね。
意味がわからなくて母と困惑するわけだが。

姉ちゃん、今満たされてるじゃんと言いたいが、ハード面から見る形(家族構成や環境・
財産など)と人の幸せっつーのは比例するとは限らんし。
人って得るものが多いとそれが当たり前になり現状に満足できずに「もっともっと」と
欲が増え、逆に不満がつのるのかもしれん。


私は幸せのハードルが低いし、やっぱり人と(一般女性)少々違う思考回路のような
気がするので、これでなかなか幸せだと思っていて。
(ハード面から見ると、同情されるくらい可哀そうな人かもしれんが)
それを日頃他人に言いはしないけど今回ちょっと比較してみて感じたことでした。



ケガした姉は二ヶ月くらい仕事を休むらしいけど、しばらくしたら家でじっとしておれずに
イライラしだすだろう。
そして何かの折に久々の長い休みを振り返り「○(私)はずっと家におってよく耐えられるね。
私は3日で限界やった」などと言うだろう。もちろん嫌味も含めて。

まあね、私は時間はあるけどヒマだとは思わないんでね。
そう言ったら呆れるだろうなぁ。





年末トラブル



遅くなりましたが あけましておめでとうございます。

昨年末はブログを締めることもせず放置したまま新年を迎えることになりました。
特に何があったわけではなく、大掃除や何やらにのめり込んでいたというだけでした。
何か知らんけどやること多すぎるし…私のキャパが小さいだけなんでしょうけど。



30日には実家にて餅をつき(機械で)それらをもらって正月準備も終え、何事もなく大晦日の
夜を心静かに過ごしていた時母から一本の電話。

姉が階段から落ちて頭を打って運ばれたという知らせだった。

以前にも実家の階段から落ち、膝がパックリ割れ骨まで見えるケガをしたことがあるが
今度は頭で、しばらく意識が無く近くの病院で調べたら出血していてウチではダメだと
大きい病院に救急車で運ばれた。
出血が止まらないようであれば手術になるだろうという話。


新年を迎える神聖な気持ちとワクワク感から一気にどん底に落ちるには充分な知らせであった。


頭から出血?意識は?最悪死ぬかも…。
助かっても障害が残って歩くこともままならず…甥たちの将来は…。
などと悪いことが次から次に浮かんでくる。

もちろん母の心配は姉の状態だろうが、同じくらいお正月の集まりをどうするか、
料理をどうするかを考えなければならない事が腹立たしいようだった。
料理も頼んでるし私たちだけでも来てくれと言われたが、明日でも断れるなら電話してみたらと
言って電話を切った。とてもそんな気分になれない。


ダンナにもひと通り事情を話し、正月の集まりはどうなるかわからんと伝え心配してくれていたが
私は急な緊張の為かお腹が下り始めた。


なんという大晦日だ。


翌元日、よんどころない事情で朝から大宰府天満宮に行くことになっていた私たち。
そこでも絵馬に書くことは姉の回復のみである。
もう「クジが当たりますように」とか「大金が欲しい」なんて欲にまみれたことは書かないのだ。
(学問の神に何願ってんだという話だが)

滞在中に母から電話があり、正月は姉の息子2人だけ来るのでいつも通りに来てくれと。
姉の出血もほぼ落ち着いて大丈夫だろうとのことだった。
よかった・・・。


2日、いつも通りに実家に集まった面々。
息子①に「大変やったね」と言うと「大変やった~、オレが見つけて救急車に乗せた」んだと。
東京から帰省していた息子①が見つけてなかったら朝までそのままだったかもという話。

息子2人だけと思っていたが、今夜用事がある子供らを迎えに義兄が後から
やってくることがわかった。
更に朝退院したばかりの姉も一緒に来ると言うのでさすがに驚いた。

一緒に来る?
てか、もう退院??
いつお見舞いに行こうかと考えていたがもう出てこれたとは。



数時間後やってきた姉夫婦。

今日になって全身が痛いらしく動き方が筋肉痛の人のようだったが、話し方など全く問題無い。
頭のたんこぶを触らしてもらったらボッコリ盛り上がっていて、これに引っ張られて逆側の
血管から出血したようだ。

「よーこがん早う退院されたね。あんた自分で帰るて言うたっちゃろ」と母が聞くと
その通りだった。

救命救急に入れられていて、モニターやら何やら付けられ、看護師の姉はバカ高いのに
いつまでも付けてられるか、自分で問題無いと分かるので「外していいですよね」と提案し
外してもらったらしい。
素人が言ってもダメと言われそうだが、そこは色々と分かってる者同士の対処なのだろう。

CT撮る時も車いすと言われたが歩けますと歩いて行ったとか、確かに病院は慎重すぎると
思ってしまうが私らなら言われるがままだ。
早々に退院することにしたのは、体が大丈夫だったこともあるが内情を知り尽くした者ゆえの
判断だったと思える。


ひと騒動したものの、今回は息子①の頼もしさが際だっていた。
救急車を呼んで乗せて、姉の仕事関係各所へ連絡など具体的な原因は伏せ(酒)現状を
適切に伝えたり、20代前半てこんなに気がまわるの?と見る目が変わった。

姉もソレはよくわかっているので、着替えなどを息子①に頼もうとしたら、言われないと動かない
義兄が何故かすばやく持ち込んでいて、それが何故かブランドのノースリーブの言うなれば
おしゃれ用のトップスだったり、靴下は全部息子②の物だったり、タオルはボロボロのヤツ
ばっかり。
何でよりによってコレ!?というチョイスというのが面白かった。
分かるわ~、ウチも何かにつけそんな感じだもん。


ともあれ、今「まったく困ったもんだ」とケガした本人に呆れたり、こうして後日談ができるのも
無事であったからこそ。
二度あることは三度あるともいうし、これに懲りて本気で酒の飲み方を考えてほしいと思う
正月だった。



約一ヶ月、更新しない間もお越しいただいた皆様ありがとうございました。
今後もたま~にとか気が向いたら週に何回か気分次第の更新ですが宜しくお付き合い
お願いいたします。





※以下拍手コメのお返事です^^

→続きを読む

催促のタイミング




一週間のご無沙汰です。
先週末またしてもダンナは得意先別荘へと旅立って行きました。


・・・・・


なんでも「5回は来んと意味がない」と主から言われたそうで、意味がわからない私は
「何それ、ポイントカードか何かあんの?」と聞いたらば、ポイントカードはないが主がちゃんと
来た回数とか閻魔帳にメモっているらしい。
ひえ~

5個たまったらテレレレレ~って進化するとかないのかなぁ。


それはいいんだが(いいんかい)
ダンナ絡みでずっとやきもきしていることがひとつある。

営業という仕事柄、泊まりとか出先で急にお金が必要になることがあって急な時はもちろん
予定している時でも、先に仮払いを貰えなかったとかで家のお金から立て替えてお金を
渡すことがあるわけ。

それが給料日直後の小遣い渡したてでも追加で言ってくるから理解に苦しむ。
それぐらい今ならあるでしょう?と。
追求はしない、精算して返すと言うので渡すんだけどね。

そういうことが何度かあって、仕事で使う用のどこでも引き出せるゆうちょの口座を作るとか、
じゃないならカードを作ろうということになった。
後で会社で精算して使った分を私に現金で渡すということにして。
今までカードを持たなかったので、しばらくは躊躇していたみたいだが一度使えば
なんてことはない。


しばらくして支払額をチェックするためにwebで見てみたら、まぁまぁ使っておる。
宿泊費、ゴルフ代など。

月末締めで翌月何日支払いと伝えているので、絶対それまでにお金を渡してくれるとは
思うんだけど、今までにダンナからひと言も金に関する話は出ていない。


よくよく考えたらひと月以上前に、現金で3万を2回出張経費として渡しているがいまだに
その話も出てないし一銭たりとも返ってきてない。


それなのに最近仕事に帰りにどこそこの道の駅に行ったとかで野菜や果物、お菓子等々を
買ってくる。
まぁありがたいよ、ありがたいんだけどさ。


その前にやることあるだろ。


そりゃぶっちゃけあんたのお金だけどさ、仕事で使ったのならちゃんと返してもらえよと思うのだ。
給料もらったって仕事の経費を自腹で払うとか意味ないじゃん。
数ヶ月前も同じように5万くらい渡した時、やはり1ヶ月過ぎても金は戻らずここぞという時に
催促する時、
「会社の費用のつもりで5万持っていっても全部が経費として使ってないんでしょ。
私的に使った分は返さなくていいから(返ってくるわけないし)会社のぶんだけ返して」
と、温情を与えたらまもなく1万マイナスで返ってきた。


・・・・・


そこまでこちらから言わないとダメかね。

なんかね、お金のことって言いにくいし返すって言ったんだから自分から何かしら伝えて
ほしいんだけど。
なんでこっちがやきもきしながら「どう言ったら追いつめずに無理せず返す事ができるだろう…」
とか考えなければいけないのだ。
百歩譲って自分の好きなことに使ったのならそう言えと。
だまーってたって何の解決にもならんしスッキリせんだろう。

男って(ひとくくりだ)言いにくい事はいつまでも言わないよね。
さっさと言って楽になれよ。

コレが家のお金だからアレだけど、よそから借りて使って精算して会社からお金戻っても
それを手放したくなくて返さないでいたら借金膨らむ一方だからね。
借金地獄に陥る傾向がある人の一面を見た気がした。

私は今、カード分+現金分の催促をどのタイミングでどどんとするか
機会をうかがっているのだった。




※以下、拍手コメのお返事です^^

→続きを読む

プロフィール

めぐのりあ

Author:めぐのりあ
九州地方在住のめぐのりあです。
変りもんと言われるB型ながら、
自称フツーの平凡な人間。
気を遣いすぎて何も言えない日常ゆえ
書きたい事が書ければ幸せ。

コメント欄は現在締めっぱなし。
そのうち開けます(多分)
何か一言ありましたら拍手コメ欄か、
メールフォームよりお願いします。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
いま何時?
カテゴリ
アクセスカウンター
nowbsblogblogdvd 300think tankblogseosemdvd終身保険車両保険サイト売買ローン住宅ローンgoogle ページランクガス給湯器webコンサルティングインターネット広告
ブログパーツレンタルサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーアダルトサーバーレンタルサーバー医薬品 買取裏dvd無修正dvd裏dvd 200円裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd無修正dvdインターネット広告代理店seo対策シンクタンクwebコンサルティングページランク保険生命保険健康保険医療保険火災保険女性保険入院保険ガン保険
@無料アクセスカウンター
インターネット広告アルバイト情報美容室ブログ無料ブログ私書箱求人情報里親里親募集アダルトグッズデリヘル求人社長ブログ出張ホストデリヘル地デジ アンテナアンテナ工事給湯器給湯器 世田谷区インターネット広告代理店出会い出会いエステ美容整形クレジットカードクレジットカード 現金化消費者金融キャッシングオンラインカウンター
里親募集 猫里親募集 犬dvddvd 200dvdブログカウンターアクセスカウンター無料カウンターアクセスカウンター無料カウンターアクセスカウンターアクセスカウンター無料カウンターデコメカウンター無料アクセスカウンターブログカウンター無料アクセスカウンター社長ブログfree formaccess logfree mobile blogfree mobile home pagefree home pageserverserverblog parts
お守り
マトリョーシカ
世界のお守りブログパーツ
所属してます
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR